安心を買う

色々な考え方があるし、何が正解なのかは分からないけれど、

私は家での料理に使う食材には気をつけています。

  

放射能汚染は妄想ではないし、国が全食品を検査できるわけではないから。

(実際に被爆した牛の牛肉が都内でも販売され、消費されてしまっているし。)

たった2人の家族でも、その家族の健康を預かっているのは私だから。

今はDINKS(共働き&子ども無し)だけど、確固たるポリシーを持ってDINKSなんじゃなくて、

将来は子どもだって産むと思うから。

  

というわけで、最近、生協生活を始めました☆

数ある生協の中から、東都生協を選択。

チェルノブイリ事故の時から放射能測定器を所有していて、自主検査をしている生協です。

もちろん全品検査が出来ているわけではないから、手放しで「安心!!」とはいえないけれど

生協の中では、信頼できる姿勢なんじゃないかと・・・。

  

買うものは主に「鶏肉&豚肉&魚」です。

スーパーのお肉は「国産」となっていて、産地が不明のものが多いけれど

生協だと、宮崎の鶏肉&鹿児島の豚肉が買える。

お魚も、~沖で獲れた魚というのを確認して買える。(全てではないけど。)

あとは、単純に、届けてもらえるので楽!!

  

野菜はこれまで通り、「大地を守る会」の宅配野菜をとってます。

最近、放射能汚染の心配の少ない「西日本の野菜セット」や

北海道&西日本の野菜で、全品検査済みの「子どもたちへの安心野菜セット」

を買うことができるようになりました。

卵も西日本産を選べます。

お魚も「日本海・九州のお魚」というカテゴリーができていたのにはびっくり。

逆に、福島と北関東の野菜のセットもあります。(食べて応援派のため。)

  

生協ではなくて、サービスを提供して利益をあげる企業だから

顧客のニーズに応えてくれるものと期待してます。

(生協も安心・安価で気に入ってますが。)

  

こんな感じで、子どものいない家庭にしては気を使っている食事ですが、

一方で外で働いてもいるので、割り切っている部分もあります。

ランチは社食で食べるから、何が使われているか分からないし、

職場の飲み会だってあるし、週末は家事の負担軽減&気分転換に外食だってする。

  

あくまで、自分でコントロールできる範囲(=家ごはん)で気をつけることで

全体の摂取量を減らすしかないかなぁと。

多分、それ以上は、東京で働いて収入を得ることをあきらめない限り、困難かなと。

(小さなお子さんがいる会社の先輩は、退社して実家での子育てを選択しました。)

  

ただでさえ少子化が進んでいるのに、この状況では出生率はさらに低下しそうですね・・・。

山のふもとの田舎で育った私は、「自然いっぱい、寄り道する場所もなく、保育園はいつでも入園可、

野菜は両親が育てた自家製」という環境だっただけに

今の「渋谷近く、待機児童でいっぱいの、最近は放射能の心配まで追加」されたところで将来子育てするのかと思うと

めまいがします(笑)

  

全ては私が選択してきたことだけど(放射能以外)、気づいたらこんなところにいた、という感じ。

うーん、しばらくは、原発事故の収束を祈りつつ、食事に気をつける日々です。

旦那さん、海外転勤にならないかな~(笑)

 

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。