Archive

Archive for 2011年11月

食洗機用の洗剤入れ

食洗機用の洗剤を入れる容器をGET。

 

今までガラス製のものを使っていたけれど

吊戸棚から取り出すには重いので、軽いものにしたい。

あとは、湿気で固まらないように密閉できて、

フタを開けたときにフタがくっついててくれるもの希望。

 

というわけで

『SNAP WARE』の1.1リットル。

近所のSEIYUで買えました。ラッキー。

詰め替え用605g(期間限定10%増量中。笑)を入れるとこんな感じ。

ちょっと余裕があるけれど、

これより小さい500mlタイプではギリギリ入るかどうか不安だったのでこのサイズで。

 

「棚で目立つこと」が優先された派手な色、

ごちゃっとしたデザインのパッケージとサヨナラするとすっきり。

うーん、気持ちいい。

 

カテゴリー:キッチン, 収納

ゆっくり発酵[ふわふわ]ベーグル1回目

6~12時間の1次発酵をしない、水分多めのふわふわレシピに挑戦。

 

安定してキレイに焼けるようになってきました!

 

この日は野菜スープと一緒にいただきまーす☆

もちもちよりふわふわの方がベーグルを食べ慣れない人にはウケが良さそう。

でも私はもちもちの方が好き。

 

ゆっくり発酵レシピは最終発酵も1時間半とるので

食べるのはお昼になります。

朝昼兼用のブランチ。

ブランチだと夜お腹が空くのが早くて、夕飯時間が早くなる。

夜寝るのが遅くならないから、このサイクルも良しとしよう。

 

カテゴリー:ベーグル

ヤンソンさんの誘惑

『ヤンソンさんの誘惑』

これ、料理の名前です。

菜食主義の宗教家のヤンソンさんも思わず食べてしまった、という料理だそう。

なんて可愛いエピソード!

 

ジャガイモとアンチョビのスウェーデングラタン。

 

中身はこんな感じ。

アンチョビを使ったレシピと

オイルサーディンを使ったレシピの2つを目にして

どっちを信じていいか迷ったので両方入れました。笑

 

参考にしたのはヤミーさんのレシピ。←オイルサーディン派

今回はヤミーさんのレシピから塩を抜いて、代わりに刻んだアンチョビを入れました。

牛乳だけだとさっぱりかなと思って、上にチーズもプラス。

後はレシピどおりです。

もっとクリーミーなのが好きなら牛乳じゃなく、生クリームで。

 

白ワインにも合いました。

好評だったのでリピありで☆

 

カテゴリー:家ごはん

サバの南蛮漬け

甘酸っぱい味は何でも好き。

チキン南蛮もマリネも。

九州の実家にいた頃、スーパーのお惣菜で一番好きだったのはお魚の南蛮漬け。

でもこっちのスーパーでは見かけないような・・・。

 

いつか読んだ新聞記事に、鹿児島や宮崎などの南九州ではお酢・ドレッシング類の

消費量が多い、と書いてあったので、これも食文化の違いでしょうか。

クックパッドで揚げなくていいサバの南蛮漬けのレシピを発見してから

何度か作っています。

このレシピ→「揚げないお手軽な塩さばの南蛮漬け」

油を出さなくていいと思うとぐっとハードルが下がります。

でも、南蛮漬けの甘酢の味は実家の味の方が美味しいような。

何が違うんだろう?

母よ、見ていたらレシピを教えてくださーい☆

 

南蛮漬けを盛り付けたアポーリアのレクタンギュラーディッシュは、

オーブン料理以外にも使えるので買ってよかったなーと思っています。

 

カテゴリー:家ごはん

結局好きなもの

ここ数年、読書からは遠ざかっていて

海外ドラマのDVDばかり見ていたのだけれど

最近また本を手に取るようになりました。

 

1エピソード45分の海外ドラマは平日にも見やすくて、軽くて、楽しい。

今でも大好き。

ただそれに慣れてしまうと、2時間の映画とか本にとっつくのが面倒になっちゃうという副作用があって

それにやられちゃっていたんですね。

 

でももともと本は大好きなので、また最近本の面白さを思い出して読んでます。

持ち歩ける文庫本を買って、運よく座れた電車の中とかで。

今読んでいるのはこれ。

 

『小袖日記』柴田よしき

現代のOLが落雷のショックで平安時代の紫式部の付き人と体が入れ替わっちゃうお話。

その付き人(中身は主人公のOL)は「源氏物語」を書く主人のために、そのネタ探しをするのがお仕事。

ネタ探しをする中で「源氏物語」のモデルとなる人やエピソードに出会うんだけど

それが私達の知ってる「源氏物語」そのままではなくて、ちょっとずつ違う。

それがとっても面白い。

 

これを読み終わったら、この人の別の本も読んでみようかな。

1つ面白いものに出会うとそこから芋づる式でいけるので嬉しい。

 

それにしても、最近はまっているのは読書とベーグル作り。

田舎育ちの私にとって、高校生までの娯楽は読書とお菓子作りだったけれど

あれ?結局もとに戻ってる??

好きなものから派生することはあっても、結局好きなものってあるんだなぁ。

 

 

カテゴリー:BOOK

WEEKEND BAKERIESのしっとり、もっちりベーグル1回目

楽天で注文していたレシピ本がやっと届いたので

こちらでも作ってみました。

ゆっくり発酵のもちもちレシピより

・水分量が多い

・イーストの量が多い

・発酵時間が短い

・はちみつではなく三温糖を使う

のが特徴。

 

捏ねるとき手にべちゃっとつくし、やわらかいので成形がやりにくい。

見た目がいまひとつですね~。

ラムレーズンを混ぜ込んで焼いたけれど、ゆっくり発酵の方が好みの味。

こちらの方が柔らかめ。

 

このレシピ本ではパネトーネマザー推奨のところ

ドライイーストで代用して作ったので、

・パネトーネで作ってみる。

・水分量を減らしてみる。

で、もう一回チャレンジしてみようと思います。

 

カテゴリー:ベーグル

ゆっくり発酵[もちもち]ベーグル2回目

高橋さんのもちもちレシピで2回目のチャレンジ。

 

今回は

・捏ね時間を5分→10分にしてみる。

・イーストが多かった気がするので、少し減らす。

(正確に計れていないのは、小さじ1/8が計れる軽量スプーンを手に入れていないせい。。)

・ケトリング(ゆでる)の時にもたついて長めにゆでてしまったので手際良く。

を念頭において、プレーンベーグルをもう一回。

 

前回より進歩しました~!(嬉しい)

 

カフェ風ブランチ。

バナナをかじりつつ待っていた旦那さんと美味しくいただきました。

努力の甲斐あって、クラストが厚過ぎない、前回よりずっしりしっかりした好みの食感。

ほぼ完成形といっていいかも!

 

ケトリングの時、

前回はお湯に浮いていて、軽めの食感だったのが

今回はお湯にしずんで、しっかりめの食感。

ちょっと工程を変えるだけで仕上がりが別物になる面白さ。

 

「お~、これなら売れるよ~。」と旦那さんは言ってくれたけど、

1個160円で売ったとして、4つで640円。

この労力と時間で640円。。。

客単価の小さい商品って商売するの大変ですね。

 

プレートランチ、コーヒーor紅茶付で1200円でどうだろう?

あー、でもそれだと場所代がかかるね(笑)なーんて妄想して楽しんだブランチでした☆

 

カテゴリー:ベーグル