ホーム > BOOK > 結局好きなもの

結局好きなもの

ここ数年、読書からは遠ざかっていて

海外ドラマのDVDばかり見ていたのだけれど

最近また本を手に取るようになりました。

 

1エピソード45分の海外ドラマは平日にも見やすくて、軽くて、楽しい。

今でも大好き。

ただそれに慣れてしまうと、2時間の映画とか本にとっつくのが面倒になっちゃうという副作用があって

それにやられちゃっていたんですね。

 

でももともと本は大好きなので、また最近本の面白さを思い出して読んでます。

持ち歩ける文庫本を買って、運よく座れた電車の中とかで。

今読んでいるのはこれ。

 

『小袖日記』柴田よしき

現代のOLが落雷のショックで平安時代の紫式部の付き人と体が入れ替わっちゃうお話。

その付き人(中身は主人公のOL)は「源氏物語」を書く主人のために、そのネタ探しをするのがお仕事。

ネタ探しをする中で「源氏物語」のモデルとなる人やエピソードに出会うんだけど

それが私達の知ってる「源氏物語」そのままではなくて、ちょっとずつ違う。

それがとっても面白い。

 

これを読み終わったら、この人の別の本も読んでみようかな。

1つ面白いものに出会うとそこから芋づる式でいけるので嬉しい。

 

それにしても、最近はまっているのは読書とベーグル作り。

田舎育ちの私にとって、高校生までの娯楽は読書とお菓子作りだったけれど

あれ?結局もとに戻ってる??

好きなものから派生することはあっても、結局好きなものってあるんだなぁ。

 

 

広告
カテゴリー:BOOK
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。