Archive

Archive for 2011年12月

コートダジュール旅行記4日目~ケリロス邸

エズ村からバスに揺られて、今度は2つの邸宅を訪ねます。

まずは、ケロリス邸へ。

大銀行家の息子で考古学研究家のテオドール・ライーナッハという人が

1900年頃に建てたヴィラ。

ギリシャ文明が好きで好きで、

紀元前2世紀のギリシャの宮殿を真似てつくっちゃったという・・・。

 

ここはどこ?えーっと、何時代?

という不思議な気分に。

天井からタイルまで、マイワールドを作り上げた、という感じ。

究極の贅沢。

 

プライベートジェットとかクルーザーとか、そんなのをはるかに超えて

浮世離れした贅沢というか。

 

テオドール・ライーナッハという人は、どんな人だったのか。

ちょっとヒトトナリに興味がわきました。

 

音声ガイドも全部英語で、良く分からなかったんですよね~。

どんな人だったのかなぁ。

絶対変わってて、面白い人だと思うんだけど!

 

 

 

カテゴリー:旅行

コートダジュール旅行記4日目~エズ村

エズ村は、敵から村を守るため、断崖絶壁に鷹の巣のように作られた「鷹の巣村」の一つ。

ニースからも近いので、とても人気の観光地。

細ーい路地を上へ上へと登っていきます。

目指すは頂上の植物園。

そこから紺碧の海を見下ろすのが定番の観光。

植物園到着。

あいにくこの日はちょっぴり曇っていて

紺碧の海!とまではいかなかったけど

この景色を眺めることが出来ました。

今度は下りながら路地を散策。

どこを切り取っても絵になる風景。

日本にはないなぁ。

ブーゲンビリア。

なんでもない路地が美しいエズ村でした。

 

 

 

 

カテゴリー:旅行

ブラックパラティッシ スープボウル

ブラパラ第三弾。

スープボウル。

深さのあるお皿って、色んなものに使えて便利。

 

炒めた小松菜をテーブルの真ん中にどーん。

一束分が入ります。

 

和食にも。

肉じゃが一人分。

 

中華にも。

スペアリブと大根のスープ、一人分。

 

旦那さんから「美味しい」いただいたのでリピしよう。

レシピはこちら→スペアリブと大根のスープ

 

最後にキムチをのせるようになってるけど、

せっかくダシの味が美味しいので、キムチ無しでごま油だけ

たらした方が美味しかった。

中華風おでん、中華風ポトフって感じかな?

 

ところで、これって和食器じゃないし、微妙に大きくて重いし、底が丸くないし、

持って食べるものじゃないと思うんだけど、どうしても持ってしまう。

ちゃんとスープ用のスプーンとか揃えたら、持たなくなるかなー?

 

カテゴリー:キッチン, 食器, 家ごはん

リサ・ラーソン

北欧食器に次いで、最近のマイブーム。

リサ・ラーソングッズ。

MOOK本と付録のバッグ。バッグは使い道ない。笑。

ジョルニと付録のリネン製カレンダー。

これはとりあえず冷蔵庫に貼ってます。

やっぱりキッチンに合う。

 

ポストカード。

これは会社のデスクに飾って眺めてる。

結構立体感あって可愛い。

 

カレンダー。

これ、カレンダー部分は下の方にちーっちゃく数字があるだけなので

切ってしまって額に入れました。

 

前回、マティスのポスターを入れた額と一緒に発注。

20cm×20cmの正方形のフレームに、マット紙を挟んで完成☆

これもまだ壁には飾れてません。

旅行から帰ってきたら、続きをやろう!

 

ブラックパラティッシ ティーカップ&ソーサー

最近、北欧食器がマイブーム。

 

最初は、生活費の中からちょっとずつ~なんて思ってたけど

もうそんなのは諦めてポケットマネーで買い始めました。

いつ廃盤になるか分からないっ、とか、楽天でタイムセールやってるっとかいう

焦りが私を後押しする・・・ので。(言い訳)

 

衝動買いしたブラパラのオーバル25cmプレートが大活躍しているので

同じくティーカップ&ソーサーが仲間入り。

これより容量の小さいコーヒーカップ&ソーサーと迷う方が多いらしく

私も迷ったけれど、「迷ったら、容量で選べ!」という先人達の教えに従い、

280ml入るティーカップ&ソーサーにしました。

 

聞いていたとおり、ちょっと大きめで重い。

ティーカップは、マグやコーヒーカップより浅いから

重心が持ち手から多少離れる分重く感じるのではないかと(分析)。

ブラパラはがっしり厚みがあるし。

 

まぁ、でも、大丈夫ですよ。うん。

マグとして両手持ちするし。

繊細で可憐なティーカップ&ソーサーをイメージして買わなきゃ大丈夫ではないかと。

 

ソーサーは菓子パンが一個乗るくらいのサイズ。

マグ&ミニプレート的使い方が出来るので便利。

ソーサーなんて、お客様にしか出さないし。

(そして家にお客さんなんて滅多に来ない。)

 

ベッキオホワイトと組み合わせて。

本当はブラパラはティーマとぴったりの組み合わせらしい。

ティーマも気になる今日この頃。

 

スイートポテト&チャイ。

年末、まとまった休みを取るために、

仕事が忙しくてぐったりだったけど

このブラパラで大好きなチャイをいれて飲むと癒されました。

 

北欧の人達は長い冬を室内で過ごすから、インテリアや食器がステキなんだと言いますが、

やっぱり家の中に癒しを求めると、日本人だって同じ考えに至りますよね。

自分のためだけの贅沢。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:キッチン, 食器 タグ:

ベーグル用の強力粉

今までベーグル用の強力粉には北海道産の「はるゆたかブレンド」を使用。

毎回、渋谷西武の地下で買っていたけど重かったので、

色んな種類の強力粉をまとめてネット注文しました。

強力粉6キロ。(夫いわく、粉爆弾。)

富澤商店さんのオンラインストアでポチり。

 

注文にあたって参考にしたのは、このページ

お米もコシヒカリとササニシキで味が違うように

強力粉にもそれぞれ特徴があるんですね。

 

まず3種類作ってみました。

①いつもの「はるゆたかブレンド」+パネトーネ(←ドライイーストよりイースト臭さが無いらしい。)

で、ごまサツマイモベーグル。

『ゆっくり発酵ベーグル』のもちもちプレーンの生地がベース。

ゴマは捏ねる前に粉と一緒に投入。

さつまいもは細かいさいの目に切って、ルクエでチンして成形時に巻き込みました。

割るとさつまいもぎっしり。

これが一番美味しかった。

 

確かにパネトーネだとイースト臭無し。

『ゆっくり発酵』のレシピだとドライイースト使用だけど

そこをパネトーネ小さじ1/2に置き換えました。

これでうまくいったので、今後この割合でいくことに決定。

 

②1CW+ドライイーストでシナモンレーズン。

シナモンもレーズンも成形時に巻き込んでしまったので、割らないと見た目はプレーン。笑。

1CWはバランス良しってことで買ったけど、あんまり小麦粉の風味を感じない(ような気がする)。

でも安いしクセが無いから、国産小麦とブレンド して使うとコスト対策でいいかも☆

 

③キタノカオリ150g+ゴールデンヨット70g+全粒粉30g+パネトーネ。

これも小麦味が美味しかった!

色々ブレンドしちゃったからどの粉の特徴なのか分からないけど

この甘みはきっとキタノカオリの威力なんだろうなー。

今度は単品使用で使ってみよう。

 

ゴールデンヨットを使うとボリュームたっぷりに仕上がる、らしいけど

添加物(モルトフラワー、増粘剤、ビタミンC)が入ってるのがちょっぴり気になるので

ブレンド用に使う予定。

 

 

 

 

カテゴリー:ベーグル

絵を額に入れる

コートダジュール旅行で買った、マティスのポスターを飾るために

額に入れました。

額を買うのは初めてで、まず、どのサイズを買えばいいのか悩みました。

ポスター自体は50×70サイズだけど、それにぴったりの額があるわけじゃないんですね。

(全部ぴったりのがあると思ってた。)

一番近いのがB2サイズ。

でも、それだとちょっと余白が出来る。

 

ええー、オーダーしかないのー??と思ったけれど、

そうではなくて、作品とアクリル板の間にマット紙なるもの(作品が出る部分だけ窓状にくりぬいてある紙)

を挟めばいいんですね。

知らなかった。

 

というわけで、B2サイズを買って、マット紙も一緒に注文して、くりぬく窓部分のサイズを指定して、

無事、形になりました。

 

マット紙と額の色でも悩んだけれど、結局白に。

マット紙も白と言っても、真っ白なのからクリーム色、ちょっとグレーがかったもの、色々あるんですよー。

こういうところでセンスが問われたりするんだろうなー。

マティスには真っ白も似合うかな、と思ってます。

マット紙を挟んで額に入れると、ちゃんとした絵に見えます。

 

あとはこれを壁に飾る、という次の難関が・・・。

(しばらく、壁に立てかけたままになりそう。笑。)

 

額はこちらのお店で注文しました。

初心者にも分かりやすいHPで助かったので、リンクを貼っておきます。

ゲルボア額縁

 

カテゴリー:インテリア