ホーム > 旅行 > コリッシモ

コリッシモ

フランスの郵便局から日本の自宅に小包を送れます。

コシッリモ。

・ 旦那さんがスーツケースにワインを6本入れて帰る。

・ 私も美味しいコンフィチュールやら重い瓶詰めのフランス食材を買って帰りたい。

という2つの願いをかなえるため、今回が2回目の利用です。

 

ニースから送った時も早かったけど、今回パリから送ったら、4日くらいで着きました。

 

お値段は一番大きいXLサイズ(7キロ)で43€、一回り小さいXサイズは38€くらいかな?

スーツケースの重さ超過料金払うよりは安いので、一応の保険みたいなもんです。

(でも、後から考えれば、全然重さ制限的にはスーツケースで大丈夫だったりする。笑。

ま、容量的に全てスーツケースに入れるのは厳しいけれど。)

 

ワインを送るには、クロネコヤマトのパリ支店があるので、

そこを使えば専用のダンボールで送れるけれど

結構料金が高いし、6本とか12本とかまとまった本数を送ることになります。

(ブルゴーニュから送ったら結構高くついた。)

 

というわけで、日本から「プチプチ」をたくさん持っていって、

ワインはスーツケースに。(免税範囲は一人750mlのワインなら3本。)

それ以外はコリッシモに、というので落ち着いたのです。

ワインは今のところ割れたことなし。

 

これくらいの凹みはあるので、缶詰がへこんだりしてることはあります。

綺麗なまま渡したいお土産はスーツケースの方がいいかも。

 

郵便局で「コリッシモくださーい」

と言うと、サイズと送り先を聞かれます。

 

コリッシモは国内用とか国際用とかEU内とか分かれていて

それぞれ色が違います。

日本に送るのは国際用のオレンジ色!

 

お金を払うと、箱と伝票と税関用伝票の2枚を渡されるので

ホテルに戻って、詰めて、伝票書いてもう一回郵便局に行きます。

 

ニースの郵便局はテンパリいらいら姉さんが担当で1時間もかかったけど

パリは出来るお兄さんで3分で終了。

予想外に時間がかかったりもするので、時間的余裕のある方におススメします。

 

伝票の書き方など、こちらを参考にしました。

http://www.hitoriparis.com/benri/colissimo.html

http://paris-travel.amary-amary.com/c_post/post.php

だいたい、こんな感じで伝票埋めて持っていけば、

足りない部分は郵便局の人が教えてくれます。

 

あと、機内で税関の申告書(黄色い縦長の用紙)を普通は家族で1枚でOKですが、

2枚同じものを書く必要があります。

 

広告
カテゴリー:旅行
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。