Archive

Archive for 2012年4月

30歳の誕生日プレゼント

先日30歳になりました。

 

30歳って、30歳って、思わず後ずさりしそうな響きです。

すっごい大人みたいじゃん。

え、私そんなに大人なの?

 

私の心境はさておき、今年も離れて暮らす家族から誕生日プレゼントをもらいました。

みなさんどうもありがとう。

 

<母から>白鳳堂のチークブラシ

30歳。ほっといても綺麗な時期はもう終わり(たぶん)。

というわけで、これからは心がけて綺麗にしていなければと

気合を入れなおす意味も込めてリクエストしたもの。

 

今まで使っていたのも白鳳堂のものだったけど、

それよりいいものだと思います。肌触りが違う。

毎朝使うものだから気持ちがいいです。

ありがとう。

 

<一番上の姉から>

IDEEのカトラリー。

Jasper Morrisonというプロダクトデザイナーのデザイン。

やや大きめのサイズ、適度な重み、スタンダードなデザインなのに

どこかおしゃれなところが気に入ってリクエスト。

 

今使っているのは旦那さんが結婚前に買ったもの。

これからはこのカトラリーで食事します。

ありがとう!

 

<2番目の姉から>

スウェディッシュグレースのスーププレート(メドウグリーン)を

とても気に入って使っているので、追加したくてリクエスト。

廃盤品だから在庫限りなのです。

 

淡く落ち着いたメドウグリーンに麦の穂模様。

派手さはないけど、とっても上品。

大好きな食器です。

ありがとう~。

 

<旦那さんから>

レストランでの食事と、

花粉の季節真っ只中に、ダイキンの空気清浄機を買ってもらいました(笑)

ありがとう~。

 

<自分から>

最近おしゃれ心を忘れがちだったので、

SHISEIDO THE GINZAでパーソナルビューティーセッションを受けてきました。

2時間の有料メイクレッスンです。

機械ですっぴんの顔を計測して、理想バランスとどこが違うのか、

どこをどうメイクすればいいのか、教えてくれます。

あと、パーソナルカラー(自分に似合う色)も教えてくれる。

技術どうこうというよりも、もっとちゃんとメイクしよう~と思わせてくれたことに効果があったかな?

 

単純に面白かったです。

自分の顔のバランスを客観的に数値化されるのって。

 

今年もいい1年になりますように!

 

週末、桜を観にいきました。

目黒川沿いの桜が満開。

本当に綺麗で、このときばかりは日本に生まれて良かったと思います。

外国人の目にも、この美しさは同じように映るのでしょうか。
 

昔、何かの文章で
 

外国で育った帰国子女の主人公は、桜を「なんだかぼやっとした色」と感じて

その良さが分からなかったけれど

数年後、父親のお葬式の時に舞い散る桜吹雪を見て

「ああ綺麗だ」と、

そのとき桜の美しさを始めて心から理解した、
 

というのを読んで、

美しい桜を見るたびに

この美しさを心から感じるのは日本人であるがゆえなのではないかと

思ったりするのです。
 

外国人に「そんなことないよー。」と怒られてしまうでしょうか。
 

カテゴリー:つれづれなるままに

塩こうじ唐揚げ&レンズ豆のスープ

週末の夜ごはん。
 

カステヘルミグレー×メドウグリーンの組み合わせがマイブーム。
 

写ってないけど、から揚げの取り皿は、ブラパラの16.5cmにしたら

これまたぴったりでした。
 

黒のプルヌッカの中にはキムチが入ってます。
 

 
レンズ豆が残ってたのでスープに。
Cpicon スウェーデン・レンズ豆のスープ by うさぎのシーマ

ミネストローネにレンズ豆が入ってる感じ?
 
淡白質がない~。簡単に済ませたい~ってことでメインはから揚げ風。

(油出すのがめんどくさいからオーブンでから揚げ風に焼いた。)

タラゴンさんのレシピから→塩麹にんにくのジューシー唐揚げ

ゆずこしょうをつけて食べたら美味しかったです。
 
あとは、かぼちゃサラダ。

かぼちゃ、レーズン、水にさらした新たまねぎのみじん切りを

塩コショウとマヨネーズで合えて。

かぼちゃが美味しいかぼちゃだったので、美味しくできました。

やっぱり素材だと思います!
 

カテゴリー:家ごはん

DANSKのステンレス片手鍋

久しぶりにお鍋を買いました。

ダンスクのステンレス片手鍋。
 

本当はね、本当はね、コレにほれたんです。

もはやインテリア、って可愛さ。

でもな~、煮込み用はSTAUBくんが2つあるし。

むしろ足りないと思ってたのは小鍋だし。

理想と現実の折り合いを計った結果、DANSKのステンレス片手鍋となりました。
 

内側に目盛りがついていたり、ふたが湯きりできるように穴があいていたり

小技が効いてます。

でも、フタの持つところが熱くなるのが、ちょっぴり不便。

ストウブも同じように熱くなるけど、煮込み料理ではしょっちゅうフタを開けたりはしないからね。
 

容量が0.9ℓなのでお味噌汁、スープ、2人分のチャイを作るのに役立ってます。

 

カテゴリー:キッチン

中華風しょうがソースでしっとり胸肉

hiroさんのしっとり胸肉のレシピが旦那さんにも好評なので

今度は中華風ダレにアレンジしてみました。

うん、こっちの方が好み!

<分量メモ>

しょう油 大さじ2

ごま油&酢 各大さじ1

塩こうじ 小さじ1強

水 小さじ1強

砂糖 小さじ1

しょうがのみじん切り 大さじ2

にんにくのみじん切り 1片分

 

カテゴリー:家ごはん

ひき肉とキャベツの重ね煮

キャベツ大量消費レシピ。

その名の通り、お鍋にキャベツとひき肉ダネを交互に敷き詰めて煮る。

ヘルシーで簡単で、美味しかった!
 


(レシピはこの本から。

内容おまかせの野菜セットの宅配を利用しているので

野菜の種類別レシピが便利。)

 

スウェディッシュグレースのメドウグリーンにぴったり。
 

スーププレートは汁気のあるメイン料理用に重宝してます。

本当はスープ用なのに、スープを入れると旦那さんに不評。

リムが邪魔らしい・・・。

まぁね、分かるけどね。
 

21cmのスーププレートは廃盤だけど、辛うじて手に入るので

もう1枚買い足そうかなぁ。
 

カステヘルミのグレーと組み合わせてみました。

グレーはシックな雰囲気なので夜使うことが多いです。

(クリアはその爽やかさゆえに朝、手が伸びます。)
 

パンの時はこれでいいけど、ご飯の時にご飯茶碗がしっくりこなくて困るので

同じシリーズのボウルを狙ってます。

アイスブルーのボウルを持っていて、使いやすさは実感済み。

結局同じシリーズで使うのが(あたりまえだけど)すっきりして好み。

 

カテゴリー:食器, 家ごはん